ライン

ライン

所属団体


(財)日本リトルシニア中学硬式野球協会
(旧(財)リトル野球協会リトルシニア委員会)
関東連盟 東関東支部 茨城ブロック
登録承認 平成21年8月1日


本クラブ目的


本クラブは、少年硬式野球を通し、部員相互の調和と協調、野球の技術並びに心身の健全な育成を図り、全ての物事に対して調和の出来る人間形成の育成を目的とする。


理念


野球とは”思いやり”で成り立つスポーツであり、仲間意識、信頼、情熱は思いやりがあれば手に入れることが出来ると考える。
どんな困難な場面にも対応できる技量・技術を身につけるために、”徹底した基礎”を身に付ける。基礎の完成度の高さが、速さになり、その速さが視野を広げ己の力となる。
厳しい訓練の中で己に勝つためには、目標を達成する断固たる決意が必要であり、何事にも逃げ出さない”忍耐力”を身に付ける。


指導方針

1 礼儀や挨拶の励行

役員・指導者から注意や指導されたときは大きな声で返事をする。
仲間や関係者など誰にでもきちんと大きな声で挨拶する。
グラウンド内では大きな声を出し、常にスピーディーに動く。

2 チームの目標は全員が共有すること

チームで目標に向かって努力していくということは、どんなに多くの人がいようとも、達成されるべき目標は1つである。全員でがんばって一つの勝利、全員で努力して一つの結果が得られる。チームの目標は、全員に共通したものであると同時に、一人ひとりのものになって初めて達成される。

3 問題点は心技体にわたって考える

より良い選手なるためには、漠然と良いところばかり見ていても進歩しないのは事実で、悪い点についてもしっかり把握する必要がある。このとき大切なのは心技体にわたって均等に考えること。試合などで勝つためにはこの3つが必要なのだから、問題点を考える時点から、この3つに意識を配る習慣をつける必要がある。

4 自主練習を行う

毎日、必ず行わなければいけないのが、自主練習である。練習内容は多種多様だが、ランニング・ストレッチ(柔軟体操)・腹筋背筋・フルスイング・100本以上は必須項目とする。
己の弱点を知り、短所を長所にする努力・気持ちがチームワークに繋がってくる。

5 道具を大切にする

チームの道具や親から買ってもらった道具を大切にし、感謝の気持ちを持って道具の手入れ等をきちんとやる

6 勉学に励む

学校では生徒の模範となる行動をとり、高校受験における最低限の成績を維持する。


活動内容


活動開始:平成21年3月より
練習日:土・日及び平日2日(火・木曜日)
(日程により変更有)
練習場所:主に岩井西高(休日)・千代川運動公園G(平日)

常総リトルシニア協会は平成21年8月1日 (財)全日本リトル野球協会リトルシニア委員会関東連盟よりチーム登録が承認されました。
所属は関東連盟東関東支部茨城ブロックとなります。

活動会費等


○入団金 : 無料
○年会費 : 無料
○会 費 : 8,000円(月額) 集金日:月初めの練習日
○選手登録金 : 2,000円(年額) 集金日:4月最初の練習日
○選手傷害保険金 : 1,450円(年額) 集金日:4月最初の練習日
○特別会費 : 全国大会・合宿など宿泊や遠征費用が生じた場合に臨時的に集金
○常総リトルシニア協力会 : 試合アナウンス(当番制)や審判等の協力
○その他 : 入団時に必要な購入用具代
・チーム指定用具:マーク付
試合用帽子練習用帽子 バッグ Vジャン BBシャツ 試合用ユニフォーム(上下) 試合用ストッキング
・その他の用具:
スパイク(黒 ラインも黒) アンダーシャツ(エンジ) ストッキング(エンジ) ユニフォームパンツ(白) ベルト(エンジ)


常総リトルシニアに入るには


野球が好きであること
中学生であること(男女は問わない)
お問い合わせフォーム

上へ移動
Copyright (C) joso-seniors. All Rights Reserved. css by pondt